連鎖のDCG

主にDCGについて書くブログ。シャドウバース、突破Xinobi、ウォーブレなど。元「連鎖のウォーブレ」

ペリドットとソドム なぜ強く、どう対処する?

 B2がリリースされ新カードをいろいろ試している頃合いですけれど、早くも頭角を現すカードが出てきたようです。今回はその中でも《永遠の蜃気楼 ペリドット》と《終末のソドム・第二形態》の2枚に焦点を当てましょう。

 

 まずは《永遠の蜃気楼 ペリドット

f:id:chain_dcg:20180428083831p:plain

 「タイムトラベル」という効果テキストだけではよくわかりませんが、つまり場に出た時に「専用BGMだけを残して除去できない安全領域に逃げ、次のターン攻撃可能な状態で戻ってくる」効果が発動します。しかも相手プレイヤーにダメージを与えるたびにこの効果が再発動します。ペリドットで相手プレイヤーを殴り続ける限り、除去できないという恐ろしい効果なのです。

 主な対応方法は、ガーディアンを持つユニットで直接攻撃を防ぐことです。B2のガーディアン持ちユニットはペリドットの存在を見越してか、自然にデッキに入るくらい使い易いカードが揃っている印象です。しかし、当然ペリドットの使い手は除去スペル等でガーディアンを突破してくるでしょう。

f:id:chain_dcg:20180428091026p:plain f:id:chain_dcg:20180428090959p:plain

 また、相手プレイヤーにダメージを与えれば「タイムトラベル」効果は発動するため、例えば《ムーン・スマイリング》でインパクトを付与されたペリドットが《ラッキー》を倒しながらプレイヤーに1点ダメージを貫通させ、やはり「タイムトラベル」を発動させますので覚えておきましょう。

 そして、ペリドット対策になる最有力はこのカードです。

f:id:chain_dcg:20180428092641p:plain

 すでにタイムトラベルしたペリドットに対して、《北国の帝王 シャックフロスト》は後から出してもペリドットに攻撃不可を付与でき、盤面にペリドットを縫い止めることが出来ます。こうなればもうペリドットは4/3バニラですから、除去は容易になるでしょう。ただし、ソウルが0の状態(あるいはソウルバーストを使用済み)だとシャックフロストの効果が発動しないので注意しましょう。

 

 では次の注目カード《終末のソドム・第二形態》

f:id:chain_dcg:20180428093417p:plain

 正直言って強いことしか書いてないタイプの大型ガーディアンです。4/7という高耐久かつ相手を返り討ちにできる攻撃力を持つユニットであり、「対戦相手のスペルや能力の対象にならない」能力で単体の確定除去に対してめっぽう強いです。「正面から殴り倒さないともう相手にダメージは与えられない!」という感じのカードデザインをしています。おまけとばかりにコスト軽減効果があって、4ターン目くらいに場に出てくる可能性もあります。ガーディアンでペリドットを止めるなら、こいつが最有力な候補の一つになるくらい強いです。

 では対策カードの紹介に移りましょう。

f:id:chain_dcg:20180428095151p:plain f:id:chain_dcg:20180428095055p:plain

f:id:chain_dcg:20180428095358p:plain f:id:chain_dcg:20180428095525p:plain

 まずは、ソドムの持つスペルや能力の対象にならない効果に引っかからない、ランダムな対象へ効果を及ぼす除去効果が選択肢に入ります。ただし、やわなランダム打点では体力7のソドムを完全に倒しきるのは難しいでしょう。また《予言システム プリノウズ改》の「右端の~」や「左端の~」のようなテキストの時点で効果を及ぼす対象を決められている除去、無力化もソドムの能力をすりぬけて使うことが出来ます。

 

f:id:chain_dcg:20180428101946p:plain f:id:chain_dcg:20180428095136p:plain

 次に、アサギリの「ユニットにダメージを与えると破壊する効果」をアルト=オルトにブーストして付与するお馴染みのコンボもソドムに有効です。

 

 難しいですが、こんなカードもあります。 

f:id:chain_dcg:20180428100101p:plain

 4/7という巨大なステータスを持つソドムも、場に出た瞬間にお手頃サイズにできます。問題は必ずしもソドムに使えるわけではないということです。とはいえステータスがインフレしてきたB2環境では以前より刺さる場面が増えて採用しやすくなったのではないでしょうか?

 対策としていくつか紹介しましたが、それでもペリドットもソドムもB2環境では大暴れするでしょう。それでは。